嵐、恐るべし   

明日の嵐コンサートに備えて…
前日から販売しているグッズ(コンサートの必需品ライトが欲しかったので)を買うために札幌ドームに行きました。
前日に買いに行くのは初めてです。
当日早めに行って買うより楽かなと。
10時からの販売、ついたのが10時半。
予定通り。と思ったらとんでもありませんでした。
なんと既に長蛇の列!
a0309389_22524638.gif
それでも1時間くらい並べば買えるかなと思って最後尾に。
とんでもありませんでした。
なんと2時間半も並んでやっと買えたのです。
世の中変です!!
観察してたら、大量買いの人がいっぱい。
個数制限あるのに、と思って見てたら、一度買って違う列に並び直して買ってる人も?
何万円分も買うんだ!とびっくり。
私はライト3つ。
こんなに並んでこれだけじゃ…なんかなー
と思って、かるたとチャームも買ってしまった(笑)
a0309389_22591705.gif

最寄り駅直結のスーパーは嵐一色!
a0309389_23015800.gif

ヘトヘトでしたよ💦
嵐、恐るべし!
明日は楽しんできます!


我が家の窓から見える山々に雪が乗っかり始めました。
a0309389_23054285.gif



[PR]

# by Obi-runomuyo | 2018-11-15 22:48 | Comments(1)

映画(34)   

昨日、母には、明後日病院の日だから明日は来ないからねと伝えてあります。
今日は久しぶりに何の予定もない日
月曜日は、ジムもゴルフレッスンもお休みなんです。

手元に、今月で期限切れの、1作品1000円で見れる映画館の券があったので…
となれば映画へGOです。
午前中、絵手紙を少々描いて、午後から出かけました。

観たいものがあったのですが…
いざチケット売り場に行くと、なんとそれは4DX!
1000円券では見れなかったのです。
では、と機転を利かせて同じ時間帯で放映の違う作品をば(*'▽')
観たのはこれ


スマホを落としただけなのに

気にはなっていたけど、劇場で見るまではないかな
大体ストーリーは想像つくしー
とか思っていたのですが

ところが結構面白かった!
二重三重に伏線がはってあって
感想は、
ネットに個人情報漏れるの怖い!!!
絶対スマホは無くさない!!!
でした。


ちなみに、最初見たかったのは
「ボヘミアン・ラプソティ」
ご存知イギリスのロックバンド「クイーン」のフレディ・マーキュリーの伝記ミュージカルです。
今後観に行くかはわかりません!






[PR]

# by Obi-runomuyo | 2018-11-12 20:29 | Comments(4)

美味しいもの三昧   

最近、お土産やら贈り物やらいろいろ頂いてありがたい!

a0309389_15560450.gif
天塩のしじみラーメン
私がリタイヤして帰ってきた旅行先から、お土産買って来てくれました。
可愛い💕
二日酔いの時に食べようと思いまーす。

a0309389_15592796.gif
先日の試写会を一緒に見に行った仲間から。
ビーフジャーキーだけ写真撮る前に口あけちゃったの。バレバレ(笑)
これがまたおビールに合う!
上品なビーフジャーキーでありました。
他のはまだこれから。

大阪のHさんがわざわざ送ってくれたのが
これ
a0309389_16014845.gif
朝ドラ「まんぷく」で一気に話題の
MOMOFUKU Noodle
日清のカップラーメンです!

ほうれん草とブロッコリーのグリーンスムージーヌードルを食べることに。わくわく
a0309389_16060472.gif
a0309389_16062787.gif
a0309389_16064257.gif
a0309389_16065654.gif
a0309389_16071231.gif
美味しかった♪
イタリアンなお味💕
これは、麺が無くても充分ポタージュ的なスープとしてご馳走です。

ほかのも絶対美味しいと思います!

[PR]

# by Obi-runomuyo | 2018-11-06 15:54 | Comments(4)

映画(32)(33)   

母が落ち着いて暮らしてるので、だんだんいつもの自分の時間取り戻してます(^-^)
遠出や長時間でなければ私としてはオッケーかなと。
映画も行けます!

先週末見てきたのはこれ
a0309389_19541809.gif
「あいあい傘」
宅間孝行さんがが2007年、当時主宰していた劇団「東京セレソンデラックス」で上演したものの映画化です。生き別れた娘と父の再会を描いたもの。
25年前に姿を消した父の六郎(立川談春)を探し出した高島さつき(倉科カナ)は、父を連れて帰るつもりで小さな田舎町へやってきます。でも父は苗字を変え、知らない家族と新しい生活を築きあげていたのです。さつきは意を決し、父の新しい家族に会いに行こうとしますが…

とてもうまくできてる作品でした。
さすが宅間さん!
この舞台の方は見てませんが、なんだか目に浮かびます。
出演してる方々もなんだかのびのび演じてる気がしましたよ。


もう一つはこれ
a0309389_20042880.gif
まだ封切り前!
STVの試写会で観てきましたよ。
仲良くしてる作家のまさきとしかさんが声かけてくださいました。

舞台は札幌。
実話を基にした、渡辺一史さん原作です。

主人公鹿野は幼い頃に難病の筋ジストロフィーを患い、体の中で動かせるのは首と手だけ、車椅子生活。
誰かの介助がなければ生きていけません。
そんな困難な様子なのに、本人は超ワガママ?
自分でボランティアを集め、自立生活を続けているのです!
a0309389_20150555.gif

主演の大泉洋さんがピッタリのはまり役。
全然悲惨な感じがなくて処処に笑いが漏れる映画でした。
もちろんちょっとしんみりもあり。

まだ主題歌が出来てないとかで、そこはお楽しみ。
もう一度見に行こうと思ってますよ!

そうそう、
脚本は我らが友人の橋本裕志さんです!
よく出来てるはずだよね🎶

[PR]

# by Obi-runomuyo | 2018-11-05 19:49 | Comments(5)

母のこと旅行のこと   

お久しぶりのブログです。
ここ10日間ほどのことを

10月に入って2度ほど高熱を出した母の事を心配して、ホームの職員さんが病院でみてもらった方が良いのではと言われ、確かにそうですねと言って、
なんとその日のうちに検査入院となったのが22日。
慌てて母が連れていかれた病院でわたわたと入院手続きしました。
母も既に平熱で元気だったのできょとん。
24日に担当医さんから聞いたのは
肝臓の後ろ側に影があって、おそらく膿が溜まってるのだと思うが、いろいろなケースが考えられるので抗生物質で治療しながら更に経過、検査しましょうと。

実は私は25日から二泊三日で稚内旅行の予定でした。
先生に話すと、まあ今は熱もなく落ち着いてるからとのこと。
母は殊勝にもあんたには世話になってるから遊んできなさいと言います。
悩んだ末に、病院にいるのだしきっと大丈夫さ!と向かいました。
広島から来たはりねずみさんとYさんの3人です。
稚内までは5時間半もかかります!
その日はホテルで美味しい食事と部屋飲み。
楽しく夜更かししていたら…

まず
オットさんの伯母さんが亡くなったと義姉さんから連絡あり。
でも私が旅行に来てるの知っているので、まずは旅行楽しんでおいでと言ってくれました。
そして朝方…
病院からの電話です。
母が夜中からパニックで騒いでると。
認知症が一気に進んだのです。
私の声を聞かせたら安心するかもと介護士さんが電話を寄越したのですが、訳分からなくなってる母の声を聞いたら悠長にはしてられません。
予定変更で私だけ先に帰ることにしました。
でもそこは稚内。
簡単には帰れません。
JR切符をキャンセルして11時半の長距離バスで帰ることに。

朝のほんの数時間ですが、お二人の好意でバスターミナルにほど近い所をレンタカーで束の間の観光ができましたよ。
a0309389_09551466.gif

a0309389_09570146.gif

a0309389_09580163.gif
短時間に何枚も写真撮りました(笑)

11時半のバスに乗って札幌に着いたのは17時25分。
急いで家に帰り荷物置いて車で母の病院へ。
ギリギリ夕飯に間に合いました。
母は大部屋から詰所横のICU部屋に移されてました。
すっかり大人しくなってたものの、なんだか訳のわからないことを喋るんです。
それでも、ゆっくり食事させてるうちにだんだん元気になってきました。
けれどまだまだ不安が母を支配してます。
面会時間ギリギリまでいて帰宅しましたよ。

それからは、午前中に一度行って、午後からまた出直してというのを数日繰り返して。
母のご機嫌は良かったり悪かったりでしたが、確実に安定してきました。

そんな中、伯母さんのお通夜が28日に、告別式が29日朝にありました。
お坊さんの都合で亡くなってから3日後の葬儀でした。
私は母の夕飯に付き合うのを優先してお通夜は遠慮させていただき、告別式に出ました。

同じその日の夕方に担当医さんとの面談。
早めに行ってたら早めに会ってくれました。
熱も出ず身体は安定してるとのこと。
肝臓の影は悪さをしなければ内服の抗生物質飲みながら経過観察で良いと。
病名は肝膿瘍でしょうと。
退院しても良いようなので、私は明日しても良いですか?と提案。
早く母を帰らせてあげたかったのです。

そして翌日の30日朝にソーシャルワーカーさんの手を借りて車に乗せ無事退院。
まっすぐ老人ホームに帰りました。
ホームの職員さんが、お帰りー!と暖かく迎えてくれて母も嬉しそう。

自分の部屋に戻った母は思いのほかくつろいでて、ほんとにホッとしました。
病院で混乱したので、老人ホームに帰ってもまたパニックになったらどうしようとか思ったのです。
たった4ヶ月過ごしたホームです。
でも、すぐにそこでの暮らしの規則?やら思い出したようです。

そうそう、一昨日母と一緒に、ホームで時々上映されるミニシアター(といっても、食堂にスクリーン下げてビデオを見るというもの)見に行きました。
おくりびと、でした。
年寄りはこの映画見てどう感じるのかなーなんて思いながら、でもこの映画は泣いたり笑ったり良い映画だから大丈夫かと。
母はすぐ喋りたがるので、私に「しぃーっ」とか言われたり、最初のオーケストラのシーンでは指揮者の真似を小さくしてたり、この人は意外に陽気な子供のような人だなあってつくづく思いました。

私は先に帰るよというと、それじゃ自分も部屋に戻ると、途中退室。
簡単にストーリーを教えてあげると、もうそれで見た気がするからいいと言うのです。
ほんといい加減なところも母らしい。

まだまだ、私としては油断大敵。
でも昨日は久しぶりに母に会わない日を作ってみました。
よし、連絡なし。
落ち着いてる証拠と思います。



[PR]

# by Obi-runomuyo | 2018-11-02 09:36 | Comments(4)