小樽大好き   

学生時代を過ごした小樽、大好きです。札幌の我が家からは高速使えば40分ほどで着くのですが、そう頻繁には
行けません。でも今日はお昼ご飯食べに、夫と息子と軽いフットワークで出発。
a0309389_23541748.jpg

ここのボリューム満点料理は、今も昔も貧乏な学生達の大きなミカタでした!
a0309389_23541883.jpg

a0309389_23541843.jpg

a0309389_2354203.jpg

海老チリ、餃子、ニラレバ、チャーハン、あんかけ焼きそばと山盛り料理を完食017.gif017.gif

近くの飲み屋さん小路です。
a0309389_23542067.jpg

a0309389_23542196.jpg

昼間のせいか廃墟のよう。でもこのぼんやり静かな感じ好きなんです。
でも、この感じ、昼間だからだよね…。夜には活気あるはず、あって欲しい。良き時代の小樽がまた見たい。
[PR]

# by Obi-runomuyo | 2013-08-17 23:21 | Comments(2)

田舎へごー   

只今帰省中の夫は厚真町という所で生まれ育ちました。実家は既にありませんが、義父義母の本家へ夫と息子と3人で行ってきましたよ。ほんとに田舎で、たった1時間ほどの場所なのに旅にでてきたような気分。
a0309389_21215026.jpg

まずは義母の本家へ
a0309389_21215251.jpg

畑からとってきたというスイカをご馳走になりました。甘かった010.gif

次は義父の本家へ
鯉の泳ぐ池があります。
a0309389_21215599.jpg


オオムラサキもいました!
a0309389_2121575.jpg

福岡は久留米から移住してきた祖先の曾祖父さんの写真は西郷隆盛のよう。
移住先の地主となったご先祖様は皆から信頼され頼られる人だったそうです。
帰りぎはに、きゅうりや茄子、トマトと一緒になんと冷凍されていたハスカップまで頂いてしまいました。
a0309389_2122025.jpg

ジャムにしたりそのまま食べたり。すっごく酸っぱいけれどね005.gif
意外にいけるのが、お塩を多めにかけて馴染ませたもの。ご飯に乗っけて食べますよ。

良い旅でありました003.gif
[PR]

# by Obi-runomuyo | 2013-08-16 20:53 | Comments(2)

マイバースデイ   

9日は長崎の原爆記念日であるとともに、わたくしの誕生日であります。
意外にみなさん覚えてくださってて、嬉しい限りでした003.gif

三人の子供達からは、以前から私が欲しがっていた『目元エステ』という、疲れたおめめにやさしい電化製品が届きました053.gif
a0309389_0425690.jpg


そして特にお祝いパーティなるものの予定なしの私のために、友人Yさんがビアガーデンに誘ってくれました!
a0309389_0425777.jpg

ところがところが、遅れてくる友人達を待っている間に、びっくりする集中豪雨が!!
a0309389_0425895.jpg

結局、場所を居酒屋さんへ変えたけれど、いい誕生日飲み会となりました。
ありがと〜019.gif
[PR]

# by Obi-runomuyo | 2013-08-10 00:33 | Comments(2)

なつやすみ工作会   

某書店にて、子供たちに工作を教えるイベントの手伝いをしてきたよ。
今回作ったのはコースター。
ハギレを細長く裂いたものを3本用意して三つ編みにし、くるくる丸い板状にしたものをフェルトにくっつけて出来上がり。小さい子は三つ編みを覚えるところから。みんな上手でしたよ003.gif
a0309389_2057113.jpg


実は、今日も映画観てきたのです。
今日はレディースデイだったのでね019.gif
『終戦のエンペラー』
a0309389_20571257.jpg

義務教育で習った終戦を少しずつ思い出し…。子供の頃は感じなかったこといろいろ考えらさる。日本が独り立ちできて良かったな。
[PR]

# by Obi-runomuyo | 2013-08-08 21:13 | Comments(2)

またまた映画   

今日見た映画は
『建築学概論』
韓国の恋愛映画です。
15年ぶりに再会した二人(男性は建築士)の現在に、初めて会った学生の頃の二人の映像が挟み込まれていくという王道。もう初々しい若いころの二人がなんだかキュンキュンですよ。大好物です!
王道行く映画はいっぱいあります。。
『世界の中心で愛を叫ぶ』とか『LoveLetter』とかetc…
パターンが一緒でも平気。ある意味安心して観ております。
日本の映画ってたいてい誰か死んでしまい号泣してしまうのだけど、韓国映画はそんなことはないかな。
どちらが良いとは言い切れないけど。
今回の映画は、そういった恋愛部分と一緒に、年老いた親の部分なども描かれているのが特徴。
子供は勝手に大きくなって勝手に恋愛していく。あたりまえだけど親は年取っていって誰もがいろんな形で関わって思いあっていく。建築学=家というものが一連に取り入れられているのだけど、親子のそんな一面を感じてほしかったのかも。深く考えすぎ?
[PR]

# by Obi-runomuyo | 2013-08-07 21:58 | Comments(2)