スポーツジム!   

会員になったスポーツジムにて。
この甘やかした自分の体をなんとかしなくてはと申し込んだわけで。
自分の目標は、ズバリ、ダイエット!
今日はトレーナーの方にトレーニングメニューを作ってもらいました。お腹周りの筋トレ中心です。ちなみに、めんこいトレーナーさん。次男に似た感じ、ちょっと可愛くて楽しい気分で(^ ^)
気にしていた内臓脂肪は大丈夫、とりあえずセーフでしたが。
いろいろ、腹筋鍛えるマシーン教えてもらいましたが、続けられるのは、やっぱり自分次第ですね001.gif
a0309389_1432058.jpg

今日、自分で試したランニングです。30分で2キロほど…
思ったより、距離は伸びない、それ以上にカロリーは減らない!
先は長いですが、来月の沖縄旅行までに頑張らねば(≧∇≦)
[PR]

# by Obi-runomuyo | 2014-02-09 01:24 | Comments(5)

小さいおうち   

昨日観てきた映画
「小さいおうち」
山田洋次監督、中島京子さんの直木賞受賞したベストセラーが原作です。
a0309389_9533124.jpg

隅々まで面白かったです。丁寧につくれれた映画だと思います(おこがましい言い方ですいません)
昭和のはじめ、山形から東京の郊外の小さくとも素敵でモダンな赤い屋根のおうちに奉公に上がった娘「タキ」がみた家族のお話です。タキが平成の今、亡くなる前に書いた自叙伝をもとに、当時と今を交えながらストーリーが展開されていきます。その家に秘められた小さな秘密が最後の最後に解き明かされます。
とにかく、俳優陣が豪華です。
タキの役は黒木華さん。まだまだ若い方なのに、ほんとに昭和な人にちゃんと見えるのです。今はあまり見られない、行き届いた家事の所作を見てるだけで、私は懐かしい暖かい気持ちになれます。
テレビドラマでもよく見かけるようになった黒木華さん。ますます目が離せません!
おばあちゃんになってからのタキ役は倍賞千恵子さん。すっかりおばあちゃんなのだけど、やっぱり綺麗な方で、こんなおばあちゃんになりたいなと思わずにはいられません。
そして、奥様の「時子」を演じた松たか子さん。
彼女はすごいですね。人間臭い女性をどんどん演じてしまう。若いころ、かわいくてニコニコしてて清純派?とか思っていたのが遠い昔です。少し前の映画「夢売るふたり」しかり「告白」しかり、今回も役どころがぴったりでした。
山田洋二監督の前回作品「東京家族」もいい映画でした。そちらで夫婦役だった、橋爪功さんと吉行和子さんがまたこちらでも夫婦役でニンマリ。吉岡秀隆さんが出演してるのだけど、「北の国から」で一緒だった中嶋朋子さんが出てるなと思ったり、ラサール石井さんがセリフの中で「男は年をとっても子づくりできる、わっはっは」と言ってたり…私的には随所が面白かったのです。きりがないのでこれくらいで。

昨日は、最近お近づきになった素敵な友人たちとの食事会もありました。
そこで何だかいろいろ頂き物してしまい。ありがたい日でありました。
これは、いま「お遍路」を実践している方からのお土産です
a0309389_10331484.jpg

うどんは「なみへい生うどん」といって、愛媛県のものでした。出汁もたっぷり別袋でついてて、今晩食すの楽しみです。ペットボトルは「すだち」で、舐めてみたらすんごく酸っぱくて、原液?て思うくらい。さっそく焼酎を買って来ようと思います。こちらもしばらく楽しみが続きそうです003.gif

a0309389_10531212.jpg
    バレンタインデーなど
    縁がなくなってしまったと思ってたら、
    チョコも頂きました!→





a0309389_10565622.jpg本も頂きました。
くださった方はほんとに札幌ツウのかた。
いやいや、北海道ツウの方です。
私も精進します。
一緒に写ってるのは、同じ方が少し前にお土産でくれたおだんご。
小樽の野島製菓という所ので、私は食べたことありませんでした。小樽に住んでたこともあるのに…
新倉屋の花園だんごと双璧をなすくらい、昔からあるようです。
袋のままお湯に入れて温めて食べるとおいしいようです。実は、息子が帰省してきた時に食べようとして取っておいてるのに、その息子がなかなか帰ってこない。
早く食べたいのに。
[PR]

# by Obi-runomuyo | 2014-02-07 09:50 | Comments(2)

観てきました   

映画「ビフォア・ミッドナイト」観てきましたよ
a0309389_17364275.jpg

「ビフォア・サンライズ」→「ビフォア・サンセット」ときて、出会いから18年。
歳を重ねた二人はちゃんとおじさんおばさんの道に進んでました。良かった。
ジェニー(イーサン・ホーク)のルーズな着こなしやセリーヌ(ジュリー・デルピー)のふっくらさ加減とか。(とくに下半身♡)

ウイーン→パリに続いて今回はギリシャが舞台です。前半、別荘での場面で、男女4人ずつ8人で食事しながらのおしゃべりしてるシーンがあって、そこ好きでした。
主人公たち二人、少し年上の夫婦、若いカップル、老紳士と老婦人。
老紳士が別荘の持ち主で、老婦人の亡くなった夫が老紳士の友人という設定。
男女のあり方や夫婦のあり方、それぞれの年齢によって見方が違って、ユーモアある会話が飛び交ってました。老婦人が亡くなった夫を思い出すときのことを淡々と語るときは、ちょっとほろっと。

後半はこのシリーズの醍醐味というか、延々と主人公二人の会話が続きます。激しい口論も続きます。
セリーヌは自分が女性であるためにどれだけ耐えてきたかをぶつけ、その間のジェニーの自由さを責めて攻撃します。激しく罵倒するセリーヌを、ジェニーは持て余したり慰めたり。出会った頃と今は見た目も中身もずいぶん変わってる、そしてこれからも変わっていく…。
二人は、結局今も、この先も不安なのですね。永遠の愛はあるのか?

同じ女性として、セリーヌがイタいなと思うところがあり、それがそのまま自分にも当てはまったりするなと思い、自分の気持ちもイタくなることがありました。
私の感想としては、やっぱり男性の方が優しいのかしら?ね。



朝、義父を病院に送って、そのまま映画館に向かったのですが、確かにその時は晴れてて良い天気だったんです。ところが!帰りはこんな吹雪に007.gif
a0309389_17364315.jpg

カレンダーでは立春なのに、まだまだ春が遠い北海道です。
[PR]

# by Obi-runomuyo | 2014-02-04 17:26 | Comments(4)

トークショーに行ってきました   

昨日、書評家、豊崎由美さんのトークショーに行ってきました。
その前に、豊崎さんがオススメ・セレクトした豊崎由美書店なるものにて本を物色。
a0309389_20242115.jpg

会場は久住書房さんの2階です。
購入したのはこちらです。
a0309389_20292747.jpga0309389_20294946.jpgサインして頂きましたよ!→





「図書館の魔女」は上巻だけで650ページほどあります。更に、下巻は品切れで後日購入しなければという感じです。でもでも、上巻読み終わるのがずいぶん先になるような気がするので焦ってません。
ファンタジー&ミステリーの壮大なエンターテイメントで一気に読ませる面白さ!とのこと。
内容は、史上最古の図書館に暮らす「高い塔の魔女」と呼ばれる少女に使えることになった少年のお話のようです。むむ。
そしてその少女は、声を持たない若き少女らしいです。むむむ。
ハリーポッターや、指輪物語やミヒャエルエンデの一連のものにはまっていた頃を思い出します。読んだらまたブログアップしなければ…

もう一冊はご本人と大森望さん「文学賞メッタ斬り!ファイル」
座談会スタイルの面白げなものです。芥川賞や直木賞の裏側、辛口の豆知識が増えそうですよ011.gif

トークショーはほんとに楽しい1時間半でした。
カタメなお話は最初の少々。「古典」の定義について。
古典とは〝読み返すもの″〝読み返すたびに新しい発見があるもの″〝他の古典を読んでから読むもの″云々…
夏目漱石の「坊ちゃん」を題材に、主人公がどんなにダメ夫であるかを、本編から抜粋しながら語ってくれる様子はおかしくてたまりません。そんな読み方で読み返すというのは楽しい作業な気がします。


お勧めしてくださった本
「秘密」ケイト・モートン(東京創元社)
「終わりのない感覚」ジュリアン・バーンズ(新潮社)
どちらも最後の仕掛けに驚きがあるようです。カタカナ名苦手だけど読んでみたいと思いましたよ。


ゲストに作家のまさきとしかさんがいらっしゃっておりました。
(私は会うの2度目!)a0309389_2165335.jpg
     すごくキュートな方なんです。
     写真ではモモイロクローバーZ!
              と言ってました003.gif
持参していった彼女の著作本
「完璧な母親」にサインしてくださいました。a0309389_21183854.jpg







豊崎シャチョーとまさきさん交えた打ち上げ宴会にも参加してきました。
お二人とも気さくで楽しい宴会でした!
[PR]

# by Obi-runomuyo | 2014-02-02 21:32 | Comments(5)

なんちゃって家族   

先日観た映画。
「なんちゃって家族」という映画です。
a0309389_321269.jpg

ふざけたタイトルです、、
アメリカの批評家から酷評を得たR指定コメディ。なのに大ヒット!というふれこみです。とにかく、下品な下ネタ満載で笑えます。そうなんです、可笑しいんですよ〜。
ストーリーはマリファナの運び屋をするために、ニセ家族を装ったワケありの4人がメキシコにキャンピングカーで乗り込むのですが、うまく行ったりいかなかったりドタバタと。ひとひねりふたひねり、意外な展開にまた大笑い。すごく下品なのに、一線は超えてない!と私は思いました。そこが作り手の上手さかなと思いました。
「フレンズ」のジェニファー・アニストンがストリッパーの役どころ。それがカッコ良いのがまた良かったですよ003.gif
こんなふざけた邦題でいいの?と思ったけど、実際みてみたら、これでいいのね!と思えたのでした001.gif
[PR]

# by Obi-runomuyo | 2014-02-01 03:00 | Comments(2)