映画へGO(9)   

昨日から名古屋におりますが
オットさん忙しくかまってくれません(笑)
今日は映画見てきましたよ
a0309389_20254771.jpg

森見登美彦さん原作の
「夜は短し歩けよ乙女」
あの原作をどんなにしちゃうんだろ?
と思ったら
アニメですからね自由自在
京都を舞台に、たった一晩での出来事とは思えない盛りだくさんのエピソードが描かれるのにはぴったりだったかも。
なんたって主人公の女の子が底なしの酒豪というところが気に入ってます。
お話の核となってるのは、大学生の男子主人公が、後輩女の子(酒豪の)に恋をしてなかなか告白できないことなのですが、
先斗町あたりやら古本市やら大学(京都大学ですね)の学祭らしきものやらが舞台にありえない展開で面白いですよ。
たた、こういうのって苦手な人もいるんだろうなーとは思います。

実は、大学生男子の声の担当が、星野源さんなんです♡
ファンなので(笑)
妄想溢れるいろんな声を聞かせてもらい楽しめましたよ(笑)

入場する際にプレゼント配られました。
a0309389_20254886.jpg

小冊子です。
嬉しい〜
でもよく見ると”その2”って書いてある!
既に見に行ってて”その1”持ってる人と交換して読む事にしましたよ(^_^;)

酒飲み、本好き、芝居好きにぴったりのお話です。
あれ?
まさしく私に向いてたのね(°▽°)

(明日から沖縄行きまーす)

[PR]

by Obi-runomuyo | 2017-04-19 20:10 | Comments(4)

Commented by ぽん吉 at 2017-04-20 19:15 x
大学生の恋の話なんだ。
自分はどうだったかと思うと遠すぎて思い出せないよ(^^;)
最近の若者の恋愛事情はどうなんだろうね?
男子が調理や掃除もするようになって、時代のギャップを感じてます。
役割を分けないで共に生活するって感じなのかな?

家のトーチャンにも見習ってほしい!
Commented by Obi-runomuyo at 2017-04-25 15:29
>ぽん吉さま
若者の恋愛事情まで思いを馳せていただきましたか!(笑)
確かに今どきのカップルの様子は昔とは違うようですね〜
ぽん吉さんちのトーチャンは家事は手を出さないタイプね(笑)

この映画の時代背景は昭和な感じ?ですよ!
むしろ懐かしい(笑)わかる!わかる!って感じで見てました〜(^.^)
Commented by critical6 at 2017-04-26 15:31
当然端折られてるとこもありましたが、上手にまとまってましたし面白かったですねー。
特典その1その2のために2回見に行きましたよ(笑)
Commented by Obi-runomuyo at 2017-04-27 20:34
>criticalさま
コメントありがとうございます
2回観に行かれたんですね!
特典が二つに分かれてるなんてずるいですよね(笑)
映画にするときに端折られるのは覚悟の上でしょうか。
キャラクター原案が中村佑介さんのまんまだったのが良かったです。

<< まったり沖縄 ランチの後に、映画へGO(8) >>