千歳市立図書館にて   

a0309389_1245555.jpg昨日は千歳市立図書館にて行われた、北大路公子さんと
宮下奈都さんの対談を見に行ってきました。
a0309389_12465141.jpg
千歳市立図書館は高速千歳インター下りて街中へ向かう道路淵にある青葉公園の中にある図書館です。
自然に恵まれた素敵な環境です。図書館の中は、天井が高く大きなステンドグラスのはめ込み窓などモダンな感じ。椅子やテーブル、本棚の間など、スペースがゆったり作られていて落ち着いた雰囲気です。

お二人の対談のお題目が「迷える読書~読まなくても死なない~」というもの。それを知った段階で可笑しくてしょうがないのです。
取り上げられた〝課題図書″は『むかしのはなし』(三浦しをんさん)『羆嵐』(吉村昭さん)。『羆嵐』は購入して読んでいきました(100年ほど前に北海道は六線沢で実際に起きた羆に7人が殺された事件がモチーフで怖い話です)が、『むかしのはなし』は近くの本屋さんに在庫がなかったのであっさり購入諦めて挑んだのですが。話を聞くうちに買って読んでいけばよかったと後悔。
沢山ある三浦しをんさんの著書のなかでは地味な、あまり知られていない本なのだと思います。甘く見ておりました。お二人のお話を聞いてると、絶対読みたい!と思いましたよ。7つのおはなしのオムニバスになっているのだけど、それぞれよく読むとどこかが繋がっているのだとか。そして、最終話「懐かしき川べりの町の物語をせよ」の登場人物〝モモちゃん″(男・すごく馬鹿…?)がとにかく良いのだそうです。近々探しに行こうと思います。

図書館のイベントコーナーには、今回の講演の展示がしてあり、

a0309389_13341565.jpg
a0309389_1340567.jpg

北大路先生の
お勧め本もありました。










千歳市立図書館へ行く前に寄ったのが「ドレモルタオ」というレストラン。ご存じチーズケーキの「ドゥーブルフロマージュ」で有名な「LeTAO」のレストランです。二つ建物があり、ひとつはケーキ、パンの小売りの店舗。もう一つがレストランです。
a0309389_13574040.jpga0309389_1358196.jpg

土曜日のお昼どき、混んでましたよ。
私はプレートランチをいただきました。1380円だったと思います…。
















そして、夜の部は…
打ち上げに声かけて頂いたので、札幌駅北口から徒歩4、5分でつく焼き鳥居酒屋「かんろ」
参加してみたらびっくり、総勢30名ほどの大宴会でした!
                            ラーメンサラダはちょっと有名↓

a0309389_14152569.jpga0309389_14154355.jpg

ツイッターでかねがねお会いしてみたいなーと思ってた方々にも会えて実のある飲み会でした。
一番びっくりしたのが、札幌在住の作家でコピーライターのまさきとしかさんが参加して普通に飲んでいられたこと。ちょうど彼女の最新刊『完璧な母親』を読み終え、前日に北海道新聞のコラムを読んでいたばかりだったのでびっくり!気さくな方でしたよ。
[PR]

by Obi-runomuyo | 2013-11-03 14:28 | Comments(4)

Commented by tuya911117ued at 2013-11-03 21:19
こんばんは
Obi-runomuyoさんはとうとう札幌の文化人の仲間入り?
この演題だったら聞きに行くよね 北大路さんてどんな人なんだろう
1冊しかよんでないけど ちょっと遠くから見ていたい人だわ
プレートランチ おいしそう! でも ”牛筋煮込み丼” には勝てないと
思うわよ(笑)
Commented by ぽん吉 at 2013-11-04 21:38 x
吉村明さんの「熊嵐」に反応!
父方の母(私の祖母)が苫前の出身で10代の頃にあった事件だと聞いた事があります。
祖母からは聞いたことありませんが、父が何度も話してくれた事を思い出します。
今でも親戚が苫前の古丹別に住んでますが、開拓時代の悲劇だよね。
最近は札幌でも熊目撃情報があるとか・・・気を付けてね。
家も近くに熊が出るけどね・・・(汗)
Commented by Obi-runomuyo at 2013-11-04 22:00
>tuyaさま
北大路さんは普段は静かにくいくいおビール飲んでます。色白で小さくてかわいい方ですよ。周りへの観察力とか、ものの考え方が秀逸なのだと思います。ぽろっと出てくる言葉が辛辣で面白いです。私にはまだまだ良くわかりません!私よりちょっと年下です~
文化人!180万都市札幌ではなれません!180人くらいの部落に住んだら挑戦してみます(*^_^*)
Commented by Obi-runomuyo at 2013-11-04 22:10
>ぽん吉さま
ここにも!
驚くほど昔の話ではないので、六線沢の事件を知ってるお年寄りとかまだまだいらっしゃるのですよね。何が悲しいって、襲われた人々の貧しさが辛くてね。
同じように羆を扱った小説で「ファントム・ビークス」(北林一光さん)というのがあるのだけど、それも怖かった。ただ、そちらは長野の話なので、少し気持ちが楽でしたよ…。でも怖い。
札幌、熊の話題豊富だからー。
ぽん吉さんも気を付けて!

<< 暖かな日でした 札幌ファクトリーにて >>